20年経過したらどうなるの?【全量買取】

20年

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 20年経過したらどうなるの?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

20年経過したらどうなるの?

20年後も売電することは出来ます。

産業用太陽光発電システムを設置すると20年間同じ価格で全量買い取り制度が適用されます。

20年先はかなり未来ですが、せっかく高額な費用をかけて設置したので、儲かるならば継続して売電したいですよね。

先述のように売電自体は継続できますが、問題は電力会社の買取価格です。

これについては発電事業者と電気事業者との話し合いによって決められます。

家庭用は10年保証であり、最初に売電価格が発表されたので2009年ですので2019年に産業用と共に今後の方針が発表さえると思います。

今後の売電価格はどうなるの?

20年後の売電価格は低下していくと考えられます。

近年の産業用の売電価格を見た場合、2012年は40円/kwh、2013年は36円/kwh、2014年は32円/kwhと低下しています。

この流れでいくと20年後の売電価格も今より低くなる可能性は多いと思います。

しかし、まだ時間があることから新しい買取制度が生まれる可能性もあります。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 


必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.