利益が出にくいところってどこ?【全量買取】

利益不利

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 利益が出にくいところってどこ?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

利益が出にくいところってどこ?

それは単純に太陽が出る回数が少ないところになります。

いくら全量買い取り制度の産業用太陽光発電システムを設置しても、発電のもとである太陽が出なければ意味ありません。

やはり、東北地方や北海道、新潟県は冬の季節になると雪が降るので太陽が出る回数が減少します。

家庭用においても、この地域の普及率は全国のなかで低いです。

設置場所というのは利益を出すために非常に重要です。

自然の影響

太陽光発電パネルは設置している場所の自然環境によって性能が低下することがあります。

例えば、海の近くに設置していると海水の塩分が蒸発し、それが風に運ばれてパネルに付着することがあります。

これにより性能が低下することを塩害と言います。

またPID現象という電流が漏れてしまい、発電量が低下してしまう現象があります。

これは高温多湿の地域に多く見られます。

いくら高い費用をかけて高性能のシステムを設置しても、自然の影響は受けます。

このことを考慮すれば、全量買い取り制度で得られる利益が違ってきます。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 

必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.