利益は安定するの?【全量買取】

利益安定

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 利益は安定するの?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

利益は安定するの?

産業用太陽光発電の場合、20年間は買取価格が一定ですので、利益が安定します。

家庭用システムを設置した場合は毎年買取価格が変わるので、毎年の利益が異なりま
す。

また家庭用システムの場合は余剰買取制度ですので、使用電気量が多いとその分売電量が低下するんですね。

一方、産業用システムの場合は先述のように20年間一定のうえに全量買い取りなので、使用電気量はまったく関係ありません。

ですので、利益計算はしやすいと思います。

ただ初期費用が高いことから設置費用を上回りプラスになるまでには、数年必要となります。

節税

産業用システムを設置するとグリーン投資減税の対象になります。

利益を考えた場合に、費用をどれだけ抑えられるかも重要になります。

その費用節約という部分でも節税は重要です。

グリーン投資減税は産業用システムを設置した企業に対して設備取得価格の7パーセント相当の税額控除があります。

その他に所得額の30パーセント償却や取得額の100パーセント償却という特別償却もあります。

この中から一つ選ぶことができます。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 

必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.