初期費用はどのくらいかかるの?【全量買取】

初期費用

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 初期費用はどのくらいかかるの?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

初期費用はどのくらいかかるの?

一番、小さい10kwの発電システムでも250万〜280万円の設置費用がかかります。

これは当然ながらメーカーによって価格が異なります。

業界最安値と評判のあるトリノソーラー製を選べば、初期費用を安く抑えることができます。

ただ一般的にはシャープや東芝などの国内メーカーがお薦めです。

また、発電量を増やせば増やすほど初期費用は高額になります。

20kwの発電システムを設置した場合は10kwの倍よりちょっと低額な470万円〜520万円ほどとなります。

注意点

国や地方自治体からの補助金が出ないことを注意しなければいけません。

太陽光発電=補助金というイメージを持っている人も多いですが、あれは家庭用のみ適用されます。

ですので、初期費用はほぼ自己負担だと考えてください。

また固定資産税も大きさによってかかるので、それも考慮してください。

全数買取制度は発電量が大きければ大きいほど利益が出ますが、その分いろんな面で費用がかかるんですね。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 



必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.