追尾型ってなに?【全量買取】

追尾型

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 追尾型ってなに?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

追尾型ってなに?

追尾型とは太陽光発電パネルが太陽を追いかけるタイプの発電システムのことを言います。

従来の太陽光発電パネルは広大な土地や屋根に設置されているだけです。

ですので、日中は発電量が多いですが陽が沈むにつれて発電量が低下します。

また太陽光発電パネルの設置角度や方角によって発電量が変わってきます。

それを改善するために、太陽を追いかける追尾型パネルが発明されました。

メリット

従来型より発電量が多いことが挙げられます。

その数値は約1.4〜1.5倍と言われています。

全量買い取り制度の産業型の場合は、従来型と比べて利益面で1年で相当の差が開きます。

また先述のように従来型は広大なスペースを必要としますが、追尾型は支柱を置くスペースさえあればいいのです。

支柱の上にパネルが設置されていることから、法律に抵触が心配される農地でも活用することができます。

そして、悪天候時に関しては強風が吹いている時はパネルを0℃の平面にして安定します。

また雪が降っている時はパネルを垂直にすることで雪が積もるのを防ぎます。

このように従来のパネルよりあらゆる点が優れています。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 

必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.