個人で確定申告するにはどうしたらいいの?【全量買取】

確定申告

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 個人で確定申告するにはどうしたらいいの?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

個人で確定申告するにはどうしたらいいの?

個人で産業用太陽光発電により得た売電量は雑所得として扱われます。

いくら全量買い取り制度でたくさん売電できたとしても、我々には納税の義務があるので、これについて頭に入れておかなければいけません。

雑所得というのは利子、配当、不動産、給与いずれの所得にも該当しない所得のことを言います。

もし雑所得が20万円を超えていなかった場合は申告する必要はありません。

この時に注意しなければいけないのが、所得と収入は違うということです。

収入から経費を差し引いたものが所得となるので、勘違いしないでください。

グリーン投資減税

産業用太陽光発電システムを設置した企業や個人はグリーン投資減税の対象になります。

これは取得価額の30パーセントの特別償却か、一部の設備についての即時償却を選ぶことができます。

ちなみにもう一つの7パーセントの税額控除は中小企業のみ対象としています。

このグリーン投資減税は青色申告書をて提出している人のみ適用となります。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 



必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.