必要な付属機器はなに?【全量買取】

付属機器

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 必要な付属機器はなに?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

必要な付属機器はなに?

産業用太陽光発電システムには付属機器がたくさんありますが、最初は売電用積算電力量計が挙げられます。

全量買い取り制度の場合は、発電した電力全てを買い取ってもらえます。

この売電用積算電力量計によって出された数値によって、利益が変わってくるんですね。

そして産業用の場合はパネルなどの設備が大きいため、配線が散らばっています。

それを一つにまとめるのが接続箱です。

これはパワーコンディショナーと一体になっているものもあります。

50kw以上の場合

50kw以上の場合はキュービクルという高圧受電設備の設置が必要になります。

太陽光発電だけでなく電力を発電する場合、50kw以上だと高圧連係と決められており、それにはこのキュービクルが必要になります。

キュービクルは簡単にいうと変電設備で6000Vの電気を100Vや200Vに変換します。

50kw以上の場合は発電量の多いので売電量も増えますが、このキュービクル自体が200万円〜300万円の値段がします。

太陽光発電は大きくなればなるほど、初期費用が高くなるんですね。

いくら全量買い取りといえど、初期費用については頭にいれておきましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 

必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.