一般家庭で全量買い取りにしたい場合はどうすればいいの?【全量買取】

一般家庭

全量買い取り制度について記しています。
HOME > 一般家庭で全量買い取りにしたい場合はどうすればいいの?【全量買取】

全量買い取り制度の基本

全量買い取り制度の利益や費用について

一般家庭で全量買い取りにしたい場合はどうすればいいの?

答えは簡単で10kw以上の太陽光発電システムを設置すればいいのです。

これにより産業太陽光発電とみなされ、全量買い取り制度が適用されます。

家庭用だと使用電力をひかれて売電されますが、産業用だとそのままダイレクトに電力会社が買い取ってくれます。

また家庭用だと毎年電力の買取価格が異なることから、長期間の利益の計算が難しいです。

それに対して産業用は、20年間同じ価格で買い取りされるので利益が安定します。

注意点

産業用の場合は家庭用のように、国や地方自治体から出る補助金の対象とはなりません。

補助金はいろんな家庭で普及しやすいように設けられた制度ですので、産業用は対象外なんですね。

ですので、初期費用は非常に高くつきます。

またメーカーによっては保証サービス等が適用されないところもあります。

これにより、故障時に費用がかかってしまう可能性があります。

そして設置時にスペースが必要になり、屋根や庭に設置しなくてはいけません。

都心だと建築物に囲まれて発電が低下する可能性もあります。

もし産業用を設置する場合はメーカーと十分に相談することを勧めます。

当サイトの人気記事

 1番人気!全量買い取り制度について載せています。 

必要なパーツ、発電の種類


全量買い取り制度の基本

必要なパーツ、発電の種類

全量買い取り制度の利益や費用について


Copyright (C) 2014 全量買取【太陽光の全量買取制度とは?】 All Rights Reserved.